歯科の自由診療は相場と相談で

金歯やインプラントは保険が利かないと良く言われるように、歯科診療には保険が利くものとそうでないものがあります。その違いはなんでしょうか。保険診療は、決められた範囲の診療を決められた点数で治療します。なお、この点数の10倍の金額が診療費用であり、保険診療の場合はその診療費用の3割を窓口で自己負担すれば済みますが、保険診療では必要最小限の治療しか認められないので、綺麗で白く着色しにくいというような見た目の問題や、より耐性があり長くもつ歯などという観点からの治療は行いません。一方、自由診療の場合は制限がないため、良い材料や最新の治療を受けることができるため、品質も見た目にも良く耐久性の高いものを使うことができます。そこで気になるのが自由診療の場合の歯科治療費の相場です。元々高い上に自己負担10割ですから、ある程度心の準備をするためにも相場を知っておきたいところです。例えば差し歯1本あたりの金額では、使う材料や方法などにもよりますが、保険診療の銀歯で概ね3千円から8千円のところ、自由診療のセラミックや金歯で4万円から20万円です。保険診療と自由診療では10倍近く相場に差があることがわかります。それぞれにメリット、デメリットがありますので、歯科医師とも相談の上、納得できる診療を受けましょう。

↑PAGE TOP