歯医者で保険がきかない治療

歯医者は基本的には保険が適用され安い治療費で済みますが、一部の治療では保険が適用されず自費診療となってしまいます。適用されない治療には、フッ素塗布や歯のクリーニングといった予防処置、ホワイトニングや歯科矯正、インプラント手術などが挙げられます。歯医者では予防歯科や審美歯科の分野になると保険が適用外となってしまいます。通常の虫歯の治療でない場合は自分が受ける治療が保険適用内かどうかあらかじめ知っておくことが大事です。

定期的に歯医者に行こう

定期的に歯医者に通うことは、歯の健康を保つためにも必要なことです。自分では気付け無くても、歯には様々な病気の予兆が現れている場合があります。症状が進まない段階で発見するためには、歯医者に行って診てもらうのが一番です。病気のサインを見逃さないよう、思い立ったときに行くのではなく、ある程度決まったスパンで通うのが良いでしょう。歯とは一生の付き合いです。出来るだけ自分の歯を長く維持し、食事を楽しみましょう。

↑PAGE TOP