バックナンバー

審美的な歯科治療などが対象

歯科などの医療機関で受診するとき、普通は保険が適用される「保険診療」で受診しますが、治療の種類によっては保険が適用されないものもあります。そのような、保険の適用されない診療は「自由診療」と呼ばれており、治療費を全て自費で支払わなければならないという特徴があります。自由診療になってしまうケースについては、一般の病気治療ではない審美的な治療などがそれに相当します。そして歯科においては、ホワイトニングやインプラント、そして歯列矯正治療や虫歯の予防措置などがそれに当たり、全て自費による治療費の支払いが必要になります。歯科における自由診療のメリットとしては、「患者のニーズに応えた満足のいく治療が受けられる」ということが挙げられます。保険診療は、安い費用で治療が受けられる反面、病気治療を目的とした必要最小限の治療しか受けることができません。しかし、自由診療の場合なら、保険適用の範囲を超えたさまざまな治療を受けることができますし、海外の最先端の技術を使った治療を受けることも可能だと言えるでしょう。一方で、歯科の自由診療の注意点としては、治療費を全て自費で賄わなければならないため、費用が高額になってしまうということが挙げられます。ですので、その歯科治療の必要性をしっかりと検討することも必要になってくるでしょう。

↑PAGE TOP