歯医者は虫歯予防のために通う所

日本では昔から歯医者というのは、虫歯になってから通う所というイメージが根強くありました。しかし、近年では日本でも欧米のような歯科先進国と同様に虫歯や歯周病になることを未然に防ぐために通う所というイメージに変わりつつあるのです。実際に歯医者で定期的に検診を受けて、歯のクリーニングを適切に行ってもらえば虫歯や歯周病を防ぐことができます。また、虫歯や歯周病を早期発見することもできるため、治療も治療費も最小限で抑えられるというメリットもあります。ですから、長く健康な歯を保つためにも予防歯科が大切になってきます。

歯科は早めに受診する

虫歯ができたら歯科医院を受診しますが、歯茎や頬の内側など、歯に限らず口の中全般のトラブルも診てくれます。経験豊かな医師であれば、大きな病院での治療が必要な場合はすぐに紹介するなど、迅速で適切な対応をしてくれます。歯科医院では、歯磨きなど生活習慣の面でも、長く自分の歯を使うことができるよう指導をしてもらえます。歯や口の中の調子がいまいちだと感じる場合は、早めに受診する方が治療が簡単に済む場合が多いです。

↑PAGE TOP